症例73  小どもの便秘

症例73  小どもの便秘

インフルエンザにかかってから便秘気味。
夜に目が覚めるようになった。

インフルエンザにかかると、内臓の調子が悪くなる人が多いです。
ウイルスだけでなく腸内細菌まで影響を受けるのか、それとも自律神経に影響するのか。

子どもであっても全身調整から入ります。
その中でより緊張している部位、動かない関節を探し出します。

インフルエンザにかかると、ほぼ治っても背中の張りが残ります。
これが内臓の働きを悪くする原因かもしれません。

全身調整の後、横隔膜、骨盤隔膜の解放。
そして内臓連結の解放と大腸の自動力調整。

大抵、子どもの場合はこれで良くなることが多いです。

大腸の自動力をつけていると呼吸が大きくなり、張っていたお腹がすっと引っ込んでいく感じがあります。
そしてそれとともにグルグルと音を立て出します。

大抵は家に帰るまでに便意を催したりしますが、薬を常用している人はなかなかそうは行きません。
やっぱり食べ物、運動などを考えないといけません。

 

住所 : 奈良県北葛城郡上牧町上牧532-4
受付 : 9:00-21:00
電話 : 0745-76-7972
費用 :   4,000円(初回は初見料+1,000円)
頭蓋調整を行う場合は+1000円
Mail : naraoste.t@gmail.com

友だち登録でLINE予約できます。
確認作業が必要なので前日までにご連絡ください。
急な場合は電話が確実です。

今ならLINEから予約されると、所見料1000円は無料にさせていただきます。

友だち追加