奈良県王寺・西大和の腰痛整体院 やまうらオステオパシー

王寺町 斑鳩町 三郷町 河合町 上牧町 広陵町 香芝市 安堵町 大和高田市 大和郡山市 奈良市で腰痛でお困りの方

オステオパシーって?

2018年10月13日

オステオパシーとは?

オステオパシーは1878年にアメリカのカークスヒルで、アンドリュー・テイラー・スティル医師によって作られた矯正法です。

オステオというのはギリシャ語で「骨」、パシーはギリシャ語のパソス「治療」からとっています。

スティルはもともとは通常の投薬治療を行ってましたが、自分の子供を髄膜炎で死なせてしまいました。
薬で病気を治す治療に限界を感じて、人間の本来持つ免疫力(自然治癒力)に目をつけたわけです。
そうやってできたのがオステオパシーです。

 

現在のオステオパシー

オステオパシーが認知されだしたのは戦争の影響です。
軍医として連れて行かれたドクターの後をオステオパシードクターが役割を果たしたこと。
インフルエンザが流行した時に、メディカルドクターよりも効果が出たことを引き金にアメリカでの認知度は上がりました。
だから、もともとオステオパシーは、感染症の治療法として作られたんです。
いまでも、風邪などの感染症、内科疾患、婦人病、糖尿などにも有効って言われていますし、実際に私がならった先生は、アメリカの呼吸器系の病院で働いてました。現在はオステオパシードクターは、アメリカではメディカルドクターと同じ地位を築いたわけですが、手技に対するこだわりが無くなってしまい、手技をやるオステオパシードクターは3%しかいないと言われています。

日本のオステオパシー

日本にもオステオパシーが伝わり、現在は日本国中に広まったわけですが、何故か名前を一切聞きません。

しかし理学療法をやる人、鍼灸師、柔整師などはオステオパシーという名前ぐらいは知っていますし、学校でもオステオパシーと言われずにオステオパシーの技術を教えているところもあるようです。

最近、オステオパシーを教える学校も増えてきて、オステオパスがかなり増えつつあります。
アメリカ系、イギリス系、フランス系などオステオパシーの種類も増え、治療院によって特徴が出るようになりました。

これからはますますオステオパシーの需要も増え、病院でも取り上げられるようになるでしょう。

 

当院のオステオパシー

私が最初に習ったオステオパシーは筋エネルギーテクニックです。
カイロプラクティックの学校でいろんな方法を勉強しましたが、理論に一貫性が無く何をやったらいいか戸惑っていました。
その時たまたま見つけた東京でのセミナーに参加し、そこで初めて合理的、理論的なオステオパシーに触れ、オステオパシーを勉強する決心をしました。

その後関西オステオパシー協会で最初に誇張法を習いました。
創始者である齋藤巳乗先生より直々に教わり、指一本で痛みをとっていく様子を目の当たりにしました。
その経験は今でも貴重な経験になっています。

関西オステオパシー協会で10年間かけて習ったのが、誇張法、カウンターストレイン、筋エネルギーテクニック、スティルテクニック、内臓マニピュレーション、アプレジャー系頭蓋仙骨治療、フライマン系頭蓋テクニック、筋膜リリース、HVLAテクニックです。
すべて創始者の直系のテクニックです。


しばらくして一通り習った後、マービン・ウォルドマン先生のクラシカルオステオパシーを勉強する機会がありました。
アメリカのオステオパシーが骨の歪みを重視するのに対して、ヨーロッパのオステオパシーは歪みから出る体の変化に注目します。
その考えに感銘を受け、今はクラシカルオステオパシーをメインに、部分的にアメリカのオステオパシーを使っています。

オステオパシー歴20年以上。
オステオパシーがまだまだ無名だったころから始めていますから、奈良では一番古いオステオパスだと自負しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************************
オステオパシー施術歴20年以上! カイロプラクティック学校のテクニック講師も行い、指導した人数は200人以上です。
技術には自信がありますので安心してご来院ください。
住所 : 〒639-0214奈良県北葛城郡上牧町上牧532-4
受付 : 9:00-21:00
電話 : 0745-76-7972
Mail : naraoste.t@gmail.com

今ならLINEから予約されると、所見料1000円は無料にさせていただきます。

友だち追加

Posted by naraoste